有休の1日に思うコト

 9月より搬出現場が本格稼働しています。
今年度も個性的な仲間達が揃いました。
スキル・経験年数が異なる人たちが集う現場。
WS社員と、協力業者の方達が一体となって進める現場。
何を担い、何を任せ、何を伝えるのか。
自身の役割・ポジショニングのバランスに毎年毎年悩まされます。
そこにやりがいを感じる、というのも事実ですが。

        IMG_8504.jpg

『この現場を進めるにあたり、森林づくりの目的は何なのか?』

 結局、ここの共有につきると思っています。
選木基準・搬出木の取り扱い方法・出荷木の選別作業・・・
これ、という1つの正解を示すのではなく
その目的にむかって常に各々が考え続けられる環境を整える事が
重要なんだと思う。
そんな現場人達と今年も時を共に出来る事に感謝、です。
恐らく今年度末もあっという間にやってきそうです。

 ヒキガエルの赤ちゃんがうまれ

        IMG_1621.jpg

 作業道切り土法面からキノコが顔を出し

        IMG_8224.jpg

 迷惑そうにしつつ、写真におさまってくれた山の住人

        IMG_1625.jpg

 今日は久々の(発熱を伴わない)体調不良。
こんなお天気の日に家にいるだなんて悔しすぎる。
気づけば後2ヶ月で40歳。
広島で私を育てて下さった熟練作業員の方達みたいに
70歳代まで山にいたいなぁ〜(笑)
あれも、これも・・・付け加える時期から
あれを、これを・・・削り選択する時期に差し掛かったよう感じます。



スポンサーサイト



私が勝手に頼るプロショップ

 長野でのコト。同世代の女性と買い物の話となり、
欲しいモノ全て揃うわよ、とT市アウトレットモールを勧められました。
翌日Dさん☆にその話をすると
『残念だけど、ハスクやスチールの店舗は入ってないよ。
 ナカシマの欲しいものは揃うかなぁ〜?(笑)』
ふっ、ふっ、ふっ。あったんですよ、奈良県吉野郡大淀町に。
そんな夢のようなお店が。ENGINE -円陣- さんです。

        IMG_8123.jpg

 ENGINEネットショップを利用されている方もおられると思いますが
店舗も実在するのです。
10月に初めてお邪魔してから店舗ファンの一人となり
時間を見つけては立ち寄らせて頂いています。
えぇ、丹波市から決して近くはありません。片道2時間以上かかります(苦笑)
けどね、今までネット上でしか見られなかった
アンナものコンナものが手に取れるのです!
数メーカーのチェーンソーパンツ、ブーツが試着出来るのです!
素晴らしい・・・本当に。どれほどこの様なお店を待ち望んでいたか。
講習会で、チェーンソーブーツ着用の重要性をお話しすると
『購入したい。けれど、どこで買えるんだ?試着はできるのか?』
という話に必ずなります。
『えっと、ご自身で取り寄せて頂いて・・・(汗)』と
膨らみかけて風船の空気を、言った本人が抜いてしまっているようで
本当に残念でなりませんでした。
あぁ、今シーズンからはストレス無く胸を張ってご案内出来ます。

        IMG_8119.jpg

 商品の品揃えは勿論なのですが、店舗スタッフの方々が又素敵で。
こちらの要望をしっかりと聞いて下さり、対応して下さいます。

        IMG_8122.jpg

私はどうしてもF社長(写真左)に伺いたいことがありました。
“なぜ、ここまで大規模な林業用品専門店をオープンさせたのか?”です。
恐らく、ネット販売のみでも十分な需要があったはず。
なぜ敢えて店舗を構えられたのか?

 『以前からお店はあったのですが、小規模で。
  ネットを見て足を運んで下さったお客様が、目的の商品を手に取れず
  がっかりされて帰られるのが辛かったんです。
  思い切って、店舗を大きくしました。
  色々大変ですが、お客様と直接お話出来る喜びは大きいです。
  商品を見比べ、試着し、満足して購入下さる姿を拝見すると
  こちらも本当に嬉しくなります!』と。

胸にジンと響きます・・・
  
 唯一ね、残念だったのは営業日が平日のみだった事。
月に一度位、土曜日営業して下さらないかなぁ〜と密かに願っていたのですが
なんと現在、土日も営業されているのです!Perfect!
ぜひ一度足を運んで見てはいかがでしょうか?
おっと、奈良県吉野郡といえばK村におられるK谷さん・・・
次回こそ会いに伺いたいなぁ〜☆

        IMG_8116.jpg





ヘアピン3連続・・・

 『土壁と格闘してたらね、
  すぐ先に次のヘアピンカーブが見えてるんですよ。嫌んなる・・・』
 『自分で踏査したのだから、ヘアピン続きは分かってることですよね。』

 分かってますよ、分かってますけど(苦笑)
昨年度に引き続き作業道作設奮闘中です。
コンマ45のデカさにもいい加減慣れてきました。
やはり思うところにウデが届く、というのは素晴らしい!
ストレス無く進みますねぇ☆・・・と言いたいところですが
急斜面、崩壊地だったり、相変わらず難所だらけ(涙)
最も苦手とするヘアピンカーブ(以下ヘアピン)が3箇所続き、
自身もガッツリ関わっているくせに、
誰だよこの路線決めたの・・・と、何度発狂した事か(笑)
ヘアピンカーブとは、読んで字のごとく
ヘアピンのように、急角度にカーブしている箇所なのですが
とにかく路線踏査で、このカーブをどこに設計出来るかの見極めが重要で。
出来る限りカーブ数を減らしたい、
ただ決められた施業地内で作業道を上らせる為には必須アイテム。
一年目に大失敗しているだけに、本当にヘアピン作設がネックでした。

        IMG_8047.jpg

 モンマンの作設するヘアピンがね、とても美しいのです。
勾配が緩く膨らむべき箇所が膨らみ、すこぶる走りやすいのです。
現場にお手本があるというのは本当に有難い事で何度も見直しました。
どこまで張り出せば良いのだろう?床掘はどこから?土量はどれ位になる?
じ〜と腕組みし、出来上がりのヘアピンをとにかく宙に描く。
イメージが固まるまで絶対堀り出さない。
うん、描けた!って思えた瞬間ザクッと1掘り。
後は、己を信じて掘り続けるのみ(笑)
もちろん、作設途中不安になる瞬間が来ます。
まてよ、土余るぞ・・・張り出しすぎた?土足りるのか・・・

        IMG_7007.jpg

 『ナカシマさんさぁ、すぐ土移動諦めるじゃん。
  ダメだよ諦めちゃ。1日中土を引っ張り続ける日だってあるんだから。』

モンマンの言葉が頭をよぎります。大丈夫、土量調整、土量調整・・・
出来上がった後、私はその日には振り返りません。
翌朝一番に真っ白な気持ちで歩いてみる。
勾配はどうか、カーブ前後の張り出しは十分か、排水は出来ているのか。
色々思う中、一番自身に強く問いかけるのは
この先へ進んでみようと思えるヘアピンなのか、どうか。
『なかなか走りやすいっすよ。』
結局は利用者からこの言葉を頂けるかどうかなのです。

        IMG_4211.jpg

 仕上がってしまえば、なんてことないカーブ。
孤独に戦った形跡は何一つ見えてきません。
でもね、日を追うごとにモンマンの作設した道から
 
 あ、すごい!この土はあそこまで引っ張ってたんだ。
 こんな下から積み上げて、あの崩壊乗り切ったんだ。

物言わぬ作業道から隠された事実を発掘出来る度に
思わず一人ニヤリと喜びを噛み締めています。

        IMG_7429.jpg





 

変化

3時40分。定時に目が覚める。昨日の短時間豪雨で頭が一杯。
3時50分。気になる、気になる。もう目が閉じない。
4時00分。いいや、行こう!飛び起きる。

 そうよ、散歩。私は散歩に行くの。
そのついでに、ちょちょっと水切りを直すだけ。
だって休みの日に家に居たら、『あんたおるんか。珍しぃなぁ〜』って
あの人、この人、近所の方達が寄って下さるんだもの(有難い事!)
間違いなく日常より人との接触が増えている(苦笑)
・・・え?なんでそんなに言い訳を並べるのかって?
休みに現場へ行くのは、いつものことでは、って?
そう思った貴方は正しいです。けれど、変わらなくてはいけないのです。

        IMG_4445.jpg

 『晴れていても休日出勤無し!?作業道作設作業ですよ!!』

Nボスからの通達に、思わず声を大にし叫んでしまいました。
土いじりはとにかくお天気勝負。
雨の日だけでなく、雨の翌日も土の状況によっては作業が行えません。
万が一、無理やり進めてしまうと後で何倍にもなって仕返しを頂く。
だから天気予報とにらめっこ。日曜だろうと祝日だろうと関係ない。
出来る日に進める、雨の日は代休、それが作業道作設。
と、いうのは昨年度までのお話です。
『休日は会社規定に従って下さい。
 メンバーも増え、ナカシマさんだけが動いていた昨年度とは
 状況が変わったのですから。天気に左右されず動く今年度と
 現場作業日数が何日変わるのか調べてみて下さい。』
そして、もう一言。
『そもそも雨の日に仕事がないという前提なのがおかしいですよね。
 事務でも稼げる働き方をすべきです。』
・・・おっしゃる通り。反論の余地無し(涙)
製品受注、製材スケジュールと念密に絡み合う必要があるWS森林管理部。
現場が動いてさえいればお金になっている、
その考えだけでは全く成り立たない。本気で、働き方改革。

        IMG_1072.jpg

 満面の笑み。思わずNボスとみゃーがーさんに写真をお送りしました。
ヒキガエル池、たっぷりの水量。
昨年は5月半ばに完全に干上がり無残な結末でした。
それを知ったモンマン、池に水が集まるよう仕掛けて下さり
見事たっぷん、たっぷん。
作業道泣かせのお天気続きですが、この場に関してのみ恵の雨です。

        IMG_1227.jpg

 今年度、私もコンマ45で作設を行うこととしました。
使用重機サイズについては賛否両論ありますが、
結局は何を目的とした、どのような規格の作業道なのか、で
変わってくると思います。作設ルートの現場状況を踏まえ決めました。
まちがいなくアームの長さがポイントとなる。
3tから始まり、5t、7t、そして13t。初めてのコンマ45。

        IMG_2660.jpg

 来月引っ越します。他者との共同生活を始めることにしました。
全ての力を自分だけに注いでいた生活のまんまとは思っていません。
が、仕事は今まで通り。Hulaも今まで通り。
山に勝てる男性はいない。
けれど、山と共存出来る男性はいるのかもしれません。








大腸との戦い

 大変ご無沙汰しております。
えぇ、丹波市におります。WSにいますよ。元気ですよ。
と、言いたい所ですが本日は有休取得。
何度とブログ内で私のノミの心臓っぷりを披露しましたが
今回も相変わらずです(苦笑)
昔から新しいコトが始まる節目に、必ず激しくお腹を壊します。
入学式、バイト初日、公演初日。
最近で言えば年度始めの作業道スタート、お盆明けの搬出スタート、
そして秋の講習会シーズンスタート。
始まってしまえば一体何を心配していたのだろう?と呆れるほど
のめり込み必死な毎日、という経験を繰り返しているハズなのに
やはり今年度現場スタートを目前に控え、プレッシャーに完敗です。
・・・情けない。 

        IMG_3166.jpg

 この数ヶ月でめまぐるしく環境が変わりました。
森林管理部スタッフが3倍(!)に増えたのもその1つ。
共有出来る仲間が増えたコトがどれほど心強いか。
と、同時に作業体制・人員配置を根本的に見直す必要が出てきました。
自社稼働率をどれだけ上げられるのか、特に作業道作設です。
昨年度はスペシャリティーであるモンマンに頼りきっていました。
 『今年度はナカシマさんが指導的立場に立って進めて下さい。』
Nボスからの一言。
無謀と言われながらも、見よう見まねで1000m作設した一昨年。
2ヶ月とはいえ、モンマンの作業に張り付かせて頂いた昨年。
そこで得た経験・知識をアウトプットするのは当然の役割。
だけど全く自信が持てない、“指導”レベルには程遠い。
一瞬でもそう感じた自分が10年前の苦い思い出と重なりました。

        IMG_3414.jpg

 Y林業時代。苗畑に関わらせて頂く時期がありました。
苗づくりに精通した方と毎日穂木取り作業を共にしました。
正直、苗づくりがこれほど奥深く重要な作業と思っていなかった私は
とにかく習うことに必死の毎日でした。
何週間目かに、全く苗づくりに関わっていない同期が
手伝いに来てくれる事となりY社長より穂木取りを教えるよう指示されました。
いやいやいや・・・私にはまだ無理ですよ(涙)
 『誰かから何かを教わる際は、次に誰かへ伝える事を想定して学べ』
痛恨の一言でした。感覚や手法ではなく、原理原則を掴む事。
Y社長から頂いた言葉は私の財産で
その後、技術の言語化を志すキッカケともなった出来事でした。
なのに今・・・

        IMG_9760.jpg

 私は驚く程、記憶容量が少ないです。えぇ、誰もがそう言います(笑)
それゆえ、メモ魔で記録に残すという作業を必ず行うようにしています。
モンマンに張り付いた2ヶ月の記録ノートを
他者への説明資料として仕上げる作業。
部屋中に作業道関連の本が散乱しています。
絞り出した言葉に納得がゆかないのであれば
モンマンに再度、確認出来る環境にある私は恵まれていますね。
そして問いかけの答えとなる道が現場にはある。
さて、このトイレワークはいつまで続くのでしょうか(苦笑)

        IMG_3866.jpg





プロフィール

ギリシマ

Author:ギリシマ
ギリギリ現場技能者
ギリギリ女性林業従事者
ギリギリダンサー
脱『ギリシマ』なるか!?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR